スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大原の野草パーティ
2016-11-16 (水) | 編集 |
色づきはじめた京都、大原へ。

ohara1
お手製のブランコや、

ohara5
きりんさんが迎えてくれました。


ohara3
収穫後の田んぼから、野草が積まれ、

ohara4
彩りゆたかな野草料理。

ohara6
キンモクセイのジュースもいただきました。


ohara8
自然の恵みで遊べます。


ohara7
ウクレレもとてもお似合いで。
練習、演奏しほうだい。


ohara9

心と身体が喜ぶ一日を過ごさせていただきました~♪



11月20日(日)12~16時に、こちらの場所にて、
おどる♪大原おんがくさい」が行われます。

三千院や寂光院とともに、
京都洛北の大自然もお楽しみくださいね。








スポンサーサイト
時代祭の横顔
2016-10-22 (土) | 編集 |
jidai1

本日10月22日、京都は時代祭でした。
京都御苑で鑑賞するのはじつははじめて。
せっかくなので、じっくり堪能してまいりました~。

jidai2
注目してしまうのはお馬さんと、

jidai3
姫君のファッション。

jidai4
時代時代の流行りのヘアスタイルなんてのも素敵。

jidai5

jitai6

jidai7
姫君+お馬さん=巴御前♪

jidai8

jidai9
桓武天皇の御車。

jidai10

jidai11
ラストは宮中にお花を献上していた白川女。

行列はほぼ2時間。
鼓笛隊あり、法螺貝あり、雅楽あり、風流舞もありの、
やっぱりみごたえのある祭でございました。










座禅と写仏をたしなむ
2016-09-05 (月) | 編集 |
体験ツアーつづき。

京都ならではというものに挑戦してみるのもよいかと感じ、
いつかやってみたいと思っていた座禅、そして写仏をすることにしました。

shorinji
毘沙門堂 勝林寺。 東福寺の塔頭です。

住職さまに禅についてわかりやすく教えていただき、
いざ、座禅!ですが、本来の足を組んだ座り方ができません。
せめて手の組み方だけでもしっかりと。
首をあげ、視線だけ1m先におとす。
目は閉じる必要はない。
そして深い呼吸。

・・・雑念だらけなのか。
やる気はあるのですが、すでに呼吸が混乱。
なかなか無心になれない自分と向き合うことに。

ただ、自然の音、虫や鳥の鳴き声だったり、風や木々のささやきだったり、
音の気配やリズムに助けられ、少しずつ頭と心が空に。

いつも何かしら頭を回転させているだろうので、
日常のなかで座禅を取り入れることでバランスは良くなるような気がします。
おっしゃやろう。眠るまえとかええかも~。

shakyo

さて、写仏です。
写経は御経を書いていきますが、
写仏は仏さまの姿を描きます。

まずはお香で手と心を清め、描く仏様をセレクトです。
初めてのことなので、難しそうに思えたのですが、
千手観音様を描いてみることにしました。

心が乱れるとどうも線も乱れるようで、
わわわーっとあわててしまうのですが、
それも今の私の心境なんやなと言い聞かせ、
おじけずのびのびと描き進めていきました。

途中、緊張をほぐすために、美しいお庭をながめ、
心の余裕を保ちつつ、なんとか完成。

shabutu

あああ、美しい。(自画自賛~)

描き方等のルールはほぼないのですが、
目は最後に描き入れるのです。

お手本とは違って、自分の線がしっかりと表れているのが面白いです。
仏を写しとりながら、自分の心も写しとってくれていたのですね。

しかし、こんなに千手観音と向き合うことは初めてでした。
貴重な機会となりました・・・合掌。


neko1

体験後は、東山を散策。
山の傾斜ということもあり、車がはいって気にくい路地も多く、
ネコも出没率高いような。
こちらの茶トラは野良ネコさん。

neko2

こちらは飼いネコさんですね~。
ヨガってますね~ ^ ^

座禅&写仏効果!
心が澄むとネコもなついてくる?



tower

夕日に京都タワーを見つけながら、
現世に戻ってまいりました。


なかなか良い時間を過ごさせていただくことができました。
京都暮らし、いとあはれなり。










ガラス細工と万華鏡づくり
2016-09-04 (日) | 編集 |
なんとなく、まだ経験したことのないようなことを少しやってみたくなった。

手先が器用でなくても受け入れてもらえそうな気配のするところを探し、
おかげさまで結構いろいろと楽しそうなものを見つけることができた。

まずはバーナーワークでガラス細工を体験できる工房へうかがうことにした。

nazuna
ガラス工房「薺nazuna」さん。

説明を受け、ガラスの色を選び、
サングラスとエプロンをお貸しいただき、
さあいよいよ。

ゴォーっと燃えさかるバーナーの炎のなかに、
左手をくるくる動かしながら、
ピンセットをもつ右手をぷるぷるさせ、
ガラスを投入!

赤くなる溶けてくる落ちてくるひっくりかえす・・・を繰り返し、
なんとかできました。

nazuna2
かっわいい~♪

ティースプーンの持ち手の装飾を施しました。
夏の海をめざしました。
愛着でまくりです。

ガラスは見た目涼やかですが、
制作はなかなかに熱く燃えさかるものですね。

そのときの精神状態と、
瞬間的な運動能力が反映するような気もします。

次は吹きガラスをやってみたくなりました~。


そして、午後は、前々から気にはなっていた万華鏡づくりへ。

manngekyo
京都万華鏡ミュージアム。

作品をたくさん見せてもらい、構造を教えてもらい、
自分が癒される世界をあーでもないこーでもないと模索した結果。

d1

d2

d3

d4
すってき~♪

ものの作り方がわかるというのは、
とても気持ちよいことですね。

近場で自分の生活に潤いを与えてくれるような、
そんな場所がたくさんあることがありがたいなぁと感じました。

なかなか安定した休暇をとることもできないため、
前日申し込みや飛び込みでも対応してもらえることがうれしい。

しばらく体験ツアーは続けてみようかと思います。









早朝夏の植物園
2016-07-18 (月) | 編集 |
hasu

おひさしぶりの更新です。

蓮を愛でに、早朝の植物園へ向かいました。
洗練された花弁の広がりや角度、淡い色彩に心惹かれます。
極楽浄土なる静謐さもたまりません。

碧筒杯(葉の中央のくぼみから茎を通ってお水をのむ)を体験してきました。
茎には蓮根と同じようにしっかりとした穴が開いていて、
コクコクとお水をいただくことができました。

お水も蓮を通すと、まろやかな味になるものですね。


suiren

こちらは蓮ではなく、水連。
蓮とは似て非なるものであることを知りました。

モネが描いたような風景を見つけてご満悦。


himawari

元気を与えてくれるひまわりにも会えました。
早咲きの一輪、
自分の背丈よりはるか遠くに。


みずみずしい夏の植物に、潤いを分けていただきました。
心の充電、だいじです。


SNSもいいけど、スマホもいいけど、
パソコン向かって日々をゆっくりと振り返る時間も大切にしたいですね。










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。